外反母趾の方へ。スニーカーの選び方。

私は外反母趾の患者様にはスニーカーを履くようお勧めしています。

スニーカーは歩きやすいように設計されており、足に負担が掛かりにくくなっています。

足への負担がうまく分散できずに

親指を痛めてしまっている外反母趾の患者様は

ヒールやパンプスよりもスニーカーを積極的に履く方が足のためになります。

この記事では外反母趾の方にどのようなスニーカーを選べばいいのかお伝えします。

続きをご覧ください!(2017年10月15日 編集)

スニーカーに求める機能


スニーカーにはどんな機能が備わっているかご存知ですか?

すぐに答えるのは難しいかもしれませんね!

このパートではスニーカーの機能について知って頂き、

足に起こる障害をどのようにして防いでいるのかを一緒に見ていきましょう!

足に加わる衝撃

人間の足には歩いているだけで片足に体重の1,2~1,5倍の衝撃が加わります。

さらに走っている時では3倍、

ジャンプの着地では7倍の衝撃が加わります。

動くことで体に衝撃を加えて、

関節の働きによって衝撃を吸収しています。

外反母趾の足はこの衝撃を吸収する機能が低下しています。

【スニーカーはソールが衝撃を吸収する】

関節を持たないスニーカーはソールによって衝撃を吸収します。

このソールの素材はたくさんの切れ込みや気泡を作ってスポンジ状にしています。

高い所から飛び降りた時、地面に直接落ちるよりもスポンジの上に落ちた方が体に負担がないのと同じ原理です。

足の安定性

足は片足28個の骨で構成されています。

歩いたり、走ったりする時に足の関節は他の関節と連動して衝撃を吸収します。

しかし、関節が過剰な動きをむしろ足に障害が起きてしまいます。

足には適度な安定性が求められ、

外反母趾ではそれがうまく出来ていない状態です。

【スニーカーはソールによって安定性を確保!】

人間の足はかかとの外側から地面に着きます。

それはかかとが外向きに倒れ込んでいることを表しています。

安定性とは、かかとの倒れ込みを制限するために

ソールの外側は柔らかい素材、内側は硬い素材を使って関節が過剰に動くことを制限しています。

スニーカーのフィット感

スニーカーにとってフィット感は最も大切です。

外反母趾は靴がフィットしていないことが最も大きな原因です。

大きすぎるとスニーカーが脱げないように足に余分な力が入り、小さすぎると指が締め付けられて痛みます。

スニーカーの重さ

スニーカーの重量を減らすと地面を蹴る力が少なく済むので足にとっては省エネです。

重すぎるスニーカーは足を上げるのに大きなエネルギーが必要になります。

するとペタペタと歩く「すり足」になります。

この状態が続くと足のバランスが崩れて外反母趾を悪化させてしまいます。

では、スニーカーは軽ければ足にとってはいいのでしょうか?

【靴は軽ければいいというわけではない】

軽くするということはソールの厚みを半分にしたり、その他の素材を薄いものにすることになります。

軽すぎる靴は疲れにくくても安定性の乏しいケガをしやすい靴になってしまいます。

大切なのは他の機能を損なわず軽量化した靴を選ぶことです。

スニーカーの選び方


最後はスニーカー選びのポイントです!

もし、今まで意識したことがなかったのでしたら参考にして下さい。

それでは以下の3つをご覧ください!

かかとが脱げないようにする

つま先を上げてかかとを押し付けてフィットさせて下さい。


自分の足に合っているスニーカーであれば、

かかとのぐらつきや脱げやすさがなくなります。

つま先には1cmの余裕

つま先には1cm程度の余裕が丁度いいでしょう。

  1. 親指の爪が圧迫されていないかの確認。
  2. サイズの大きい靴とも履き比べる。
  3. 靴の中で指が伸びているか確認。

踏み付けた時に足が圧迫されない程度の幅

ジャストフィットはきついスニーカーを履くという意味ではありません。

自分に合ったスニーカーの条件として、幅を意識して下さい。

  1. 踏みつけた時にきつく感じない程度の幅。
  2. 親指と小指に不快な圧迫感がないかを確認。

履き口にくるぶしがあたらない

外くるぶしが履き口に当たっていないかを確認してください。

外くるぶしは内くるぶしよりも低く位置しているので、外くるぶしを基準にして下さい。

最後に

外反母趾は普段、履いてるスニーカーが症状に影響します。

合わないスニーカーを無理して履いていると足に負担が掛かり、外反母趾を悪化させることになります。

スニーカーは自分の足に合ったものを選んで下さい。

足周りの環境を良くして快適な生活を送って下さい!

福島区で整体、整骨院は「ふくしま駅前整骨院」

この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9885人
投稿数
513件