筋肉が血管を締めつける「緊張型頭痛」とは?

私も頭痛は筋肉の緊張が原因と思っていました。しかし、医師や町の施術院の先生から筋肉の緊張が原因と言われてきた緊張型頭痛ですが、本当にそうでしょうか?今までとは違った見解を書いておりますので続きをご覧ください。

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛とは後頭部を中とした痛みが徐々に始まり、加えて首筋が張る・肩がこるなどの症状を訴えます。緊張型頭痛の症状は片頭痛に比べて、長く続くのが特徴です。

症状

緊張性頭痛の特徴は身体を動かしたり、温めたりといったように筋肉をほぐし、血流を改善すると症状が楽になることです。

  • 後頭部を中心に締め付けられるような痛み
  • 肩や首のこり
  • パソコンなど同じ姿勢の作業をすると痛む
  • 温めたり、軽く身体を動かすと楽になる

あてにならない肩こり説

簡単に肩こりや筋肉の緊張が原因とは言い切れません。偏頭痛や緊張型頭痛、群発性の頭痛にも肩こりは伴います。頭痛は脳・神経・筋肉が痛みに敏感になっている状態です。ある程度は筋肉の緊張が原因でも説明がつきますが、最終的には心療内科的な部分や脳神経外科的な部分の説明が必要になってくるでしょう。

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛というと筋肉の緊張ばかりが注目されてきましたが、実際はそうではありません。緊張型頭痛の原因をまとめているので続きをご覧ください。

異なる2つの緊張型頭痛

緊張性頭痛は圧痛(凝っている部分を押すと痛みがでる現象)の有るか無いかで筋肉が緊張しているからなのか、心理的な背景や精神的な問題からくる頭痛なのかが判断できます。

  • 圧痛がある
  • 圧痛がある場合、筋硬度計(筋肉の硬さを測る機械)で筋肉の硬さを測ると圧痛のない人の数値は20台ですが、圧痛のある人は最高で50にも及びます。この場合、筋肉の緊張により血管が締め付けられて起こる頭痛と考えられます。

  • 圧痛がない
  • 上記以外の例で、脳が痛みや苦しみでダメージを受けていることが考えられます。圧痛がないものは精神的なところに原因があるのではないかと疑う必要があります。

うつ病との関わり

うつ病の方で頭が重いと訴える方はとても多くなっています。うつ病の時に頭が重く感じるのは緊張型頭痛であり、慢性緊張型頭痛を訴える方には個人差はありますが心療内科的疾患がある場合が多いです。

  • SSRI服用による頭痛の軽減
  • SSRIとはうつ病患者によく処方される薬で、服用することで緊張型頭痛が軽減する例が多く聞かれます。

  • SDSでの高得点
  • SDSとは、うつ病かどうかをチェックする自己評価シートのことです。慢性緊張型頭痛の方はSDSで高得点を記録する方が多くなられています。

  • 問診で判明する直近での精神的ダメージを伴う例の多さ
  • 緊張型頭痛は繰り返し症状を示して経過していく場合が多く、いわゆる「頭痛持ち」という状態です。ここ数日「頭が重くなった」という人は話を聞いて見ると「愛犬をなくした」「知り合いが倒れて病院に運ばれていて心配だ」などの精神的ダメージをよく口にされます。

施術法

緊張型頭痛は医師がまずお薬を処方して経過をみます。確かに症状は改善しますが根本的に改善するには筋肉の緊張を和らげて柔軟性を保つのが必須となります。

ガイドラインは本当に正しいのか?

緊張型頭痛のガイドラインには消炎鎮痛薬と筋弛緩薬が勧められています。しかし現在、医師の間では薬に頼ることなくリラックス体操などのセルフケアや鍼灸・整体などで施術した方が良いとされています。特に緊張型頭痛の場合は偏頭痛と比べて重症化しないので可能な限り服薬は避けた方が薬物乱用頭痛を招くリスクを下げることができます。

  • 運動療法
  • まずは自分で出来るストレッチ・体操・ウォーキング・リラクゼーションなどを積極的に行うことが大切です。

  • 整体・鍼灸施術
  • 緊張型頭痛への鍼灸・整体施術は医師からの期待も大きくなっています。薬を使わないのでリスクなく施術できることが最大のメリットです。筋肉が原因の頭痛・精神的なダメージから起こる頭痛どちらに対しても有効です。西洋医学・東洋医学と異なる施術からご自身に合った施術を受けることでより施術効果も増していくでしょう。

まとめ

  1. 緊張型頭痛は締め付けられるような痛みであり、身体を動かすことや温めることで症状が改善する。
  2. 緊張型頭痛には2種類あり、筋肉が原因の頭痛と精神的ダメージが原因の物の2つ。筋肉の緊張した部分の圧痛で判断する。
  3. 緊張型頭痛は薬で施術していくよりもセルフケアや整体・鍼灸などで施術を行う方がいい。

福島区で整体、整骨院は「ふくしま駅前整骨院」

この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9899人
投稿数
513件