寝心地の良いパジャマの選び方

快適な睡眠を左右するのは決して、枕やベッドだけではありません。あなたが普段寝ている時の恰好も重要です。快適な睡眠を送りたいのであれば些細な事にもこだわってください。例えば、アクセサリーを外すなどもその1つです。この記事では寝間着やパジャマなど、寝ている時の格好について詳しくお話しています。続きをご覧ください。

寝間着とパジャマの歴史

日本では寝る時に多くの人が寝間着やパジャマを着用しています。ホテルや旅館などにも浴衣などが用意されていることが大半で、寝間着として利用されています。寝間着やパジャマは快眠するのに大切なツールの1つです。日本ではいつごろから使用されていたのか?続きをご覧ください。

寝間着の歴史

元々、寝間着は着物や和服の下に着るものを意味していました。しかし明治維新以降は文明開化によって欧米のパジャマなどが寝間で利用されるようになりました。するとこちらの方が広く浸透し、寝間で身につける衣服という意味に変わりました。寝間着は、浴衣の原型である「湯帳」にあるそうですが平安時代に暑さや寒さ対策に使用されていた「単衣」にもルーツがあるそうです。

パジャマの歴史

パジャマはインドで「ゆったりとしたズボン」を意味していたものをイギリス人が持ち帰って寝間着として使ったことから世界中に広がったとされています。他にもネグリジェやランジェリーなどはフランスで化粧着や下着という意味でしたがともに寝間着として使用されるようになっていきました。パジャマを始め、ネグリジェやランジェリーもゆったりとしたものという意味が込められています。

裸で寝るメリットとデメリット

「寝るときに身にまとうのはシャネルNO.5だけ」この言葉を聞いたことがありますか?マリリンモンローが言った名言です。年間を通して寒い地方や欧米では意外と裸で寝る習慣を持っている人が数多くいます。話を聞いているとなんだか寒そうと思いますが、実はそんなことありません。裸で寝るメリットをお伝えしますので続きをご覧ください。

メリット

  • 睡眠時の解放感
  • 寝間着や下着の締め付けが無くなり、寝返りが打ちやすくなります。

  • 新陳代謝の促進
  • 裸になると血行が良くなり、成長ホルモンの分泌も促進されます。

  • ダイエット効果
  • 睡眠時間の短い人ほど肥満である確率が高くなっているという研究データも存在します。

  • 免疫効果
  • 代謝が良くなるとホルモンの働きも盛んになり、免疫力も強くなります。

デメリット

  • 発汗によって寝具が汚れる
  • 裸で寝ると寝返りなどをするので汗をかき、寝具がどうしても汚れてしまいます。

  • 緊急時への対応が遅れる
  • 地震や家事など、緊急時への備えが必要で着の身着のまま逃げ出すことが出来ません。

寝間着・パジャマを着る理由は??

夏の汗取りや冬の防寒として寝間着やパジャマ広く着用されています。着心地も快眠を得るためにとても重要で、締め付けられないことが必須でしょう。このパートでは寝間着やパジャマを着る理由をまとめたので続きをご覧ください。

習慣となって着ている

人間は防衛本能がいくつか備わっています。体から異物を追い出すためのくしゃみや咳なども。靴を履いたり、下着をつけたりなど普段から体を防衛するための行動が習慣化されています。寝間着やパジャマを着るのは脳による習慣化の1つに挙げられます。心理的に災害などの緊急事態に備えた行動の1つとされており、睡眠時は特に意識が低下しているのでその間は何かをまとっている方が安心感を得られます。

不眠予防のために習慣化している

人間の頭の中には認知という機能が備わっています。例えば、机を見れば「勉強」という反応が起こり、寝るという行動に対して寝間着やパジャマが連想されます。寝るという行動に対して安心して寝たいという防衛本能と重なり、寝間着やパジャマを着用するようになったと考えられています。

寝間着・パジャマの素材

あなたもぐっすりと眠るために寝間着やパジャマを使用しますよね?これらがどのような素材で作られて、どのような寝心地になるのかを詳しく説明します。そしてパジャマ選びのポイントもお伝えしますのでご覧ください!

パジャマの素材選びのポイント

睡眠時に着用する寝間着やパジャマ選びのポイントは以下のようになります。

  • 吸湿性が高く、ムレにくいこと
  • 繰り返し洗濯してもヘタらないこと
  • ゆったりとしていて寝返りが打ちやすく、寝ている間に気乱れしないこと
  • 夏は熱を逃がし、冬は防寒できる素材
  • 肌触りが良い物

素材の特徴

快適な睡眠を得るために寝間着やパジャマを着用しますが、これがどのような素材で作られており、寝心地はどうなのか比べたことはありますか?おそらく経験のある方は少ないのでは?このパートでは素材ごとに特徴をまとめているのでご覧ください。

シルク

人の肌に近い肌触りで軽く、吸湿性と速乾性に優れています。夏は涼しく冬は暖かいのがシルクの特徴です。

コットン(綿)

汗の吸湿性に優れ、ムレがなく肌触りも優しい。季節ごとの品揃えも豊富です。多くの人が使用している素材がコットンです。

麻(リネン)

天然繊維としては最も熱の伝導性が優れており、放熱が速やかに行われます。耐久性があるので洗濯機でしっかり洗っても安心です。

ガーゼ

ガーゼは保湿性と吸湿性に優れているので適度に暖かく、涼しい素材です。

追記:寝る時は結婚指輪も外した方がいい

寝ていると時は指輪や時計をしているだけで眠れません。これは意外と知られていないようで、人間の体は触れられたり、圧迫されたりすることに非常に敏感になっています。寝ている間にこれらの感覚が刺激されると脳に触覚刺激が伝わり、快眠のために必要なメラトニンの分泌が抑制されてしまいます。

【参考文献】
最高の眠り方 大郷拓也
これからずっとぐっすり眠れる枕の本 奥山隆保
枕と寝具の科学 久保田博南・五日市哲雄

福島区で整体、整骨院は「ふくしま駅前整骨院」

この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9885人
投稿数
513件