腰痛治療で仙腸関節を施術する理由

腸関節は骨盤の中央に位置している関節です。

下半身に巡る血管も通っており、神経や靱帯も多数あります。

腰痛の患者様はこの仙腸関節を痛めていることが多く、
私は積極的にこの仙腸関節を施術するよう心がけています。

それでは何故、私が仙腸関節を積極的に治療するのかお伝えするので続きをご覧ください。

仙腸関節で脊柱起立筋が薄くなっている

脊柱起立筋とは骨盤から首まで伸びる姿勢を支える筋肉です。

体全体を支えるだけあって、かなり分厚くて力も強い筋肉です。

この筋肉も骨盤付近、
すなわち仙腸関節の部分では少し薄くなっているので痛めやすくなっています。

この体の特徴から仙腸関節を施術します。

他にも脊柱起立筋の特徴として以下があります。

  • 特に腰椎から下の部分で負担を受けやすい。
  • 姿勢を支えているので休まる時がない
  • 伸ばし過ぎても、反り過ぎてもいけない

仙腸関節は体のキーストーン

仙腸関節は体の中心にあり、上半身・下半身のキーストーンとなっており仙腸関節の安定は全身の安定と言っても過言ではありません。

体感の中央に位置しているので上半身からは重みが、下半身からは動きによる衝撃が常に加わる激しい負担を常に受け続けているのが仙腸関節です。

仙腸関節の負担で起きる疾患

  • 仙腸関節症
  • 仙腸関節炎
  • 仙腸関節性腰痛

いずれも仙腸関節に負担が蓄積し、違和感や痛みを伴う疾患です。

仙腸関節の施術

私が普段行っている仙腸関節に対する施術をご覧ください。

筋肉や関節自体得ある骨に対してもアプローチを行っています。

これから他の整骨院に行かれる際も参考にして下さい。

トリガーポイント

トリガーポイントと痛みの引き金となっている所に対して刺激を送る施術です。

多くのトリガーポイントは筋肉の深部にあり、表面の硬くなった筋肉に覆われて隠れているような状態です。

表面の筋肉をめくり、深部の筋肉にまで刺激を到達させたとき、強い刺激を感じます。

腰の矯正

背骨の歪みを瞬時に改善する腰の矯正です。

体の土台は背骨にあるので、歪みがあると筋肉は引っ張られて、関節には負担が蓄積されます。

私の背骨矯正はこういった歪みを瞬時に改善する方法です。

鍼治療で響かせる

鍼治療は深部にあるピンポイントの緊張に対してアプローチできるところです。

トリガーポイントのメリットは広い面で治療できるところですが、鍼治療に良い所は局所的に治療できることです。

症状が変わらなかった患者様に対しても一刺しで改善することもあります。

福島区で整体、整骨院は「ふくしま駅前整骨院」

この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9885人
投稿数
513件