腰痛が原因で起きる足のしびれ

足のしびれは腰痛が原因で起きていることが非常に多いです。

私の患者様も腰痛と足のしびれを経老い発している方が多く施術を行う際は、必ず腰と足の両方を行います。

この記事では同じように足のしびれにお悩みの方へより理解を深めてもらえるように「足のしびれ」について書いています。続きをどうぞ!

しびれが起きている原因

しびれが起きる原因は腰から足の先までたくさんあります。

多くの場合はしびれが起きている範囲や筋肉の状態などで判断します。

主にしびれが起きる原因は以下のようになります。

腰椎

全部で5つある腰椎のうち、
特に多いのが4・5番目の腰椎から出る神経が何らかの原因によって圧迫刺激が加わることです。

この場合、多くはスネ・足の裏にかけて痺れを感じることが多いでしょう。

【腰椎の4・5番に負担をかける部位】
椎間板(骨の間にあるクッション)
椎間孔(神経が出てくるところ)
腰椎付近の筋肉

お尻(坐骨神経孔)

腰椎4・5番から出る神経の延長戦である、
坐骨神経が出てくるトンネルのような部位がお尻の中心にあります。(坐骨神経孔)

この部位はちょうど座ると圧迫されたり、
腰や足と連動して働く筋肉が多いことから負担を受けやすくなっています。

太もも(大腿二頭筋)

続いて、太ももの裏にある大腿二頭筋という筋肉です。

この筋肉はかなり面積が大きく、力も強いので緊張を起こしてしまうと神経を圧迫してしまうことがあります。

坐骨にも付着しているので、私は先ほどの坐骨神経孔とセットで治療することが多い部位です。

スネ(腓骨筋)

スネの部分は坐骨神経が足の表と裏に枝分かれするポイントなので筋肉の刺激を受け易く、
痺れを感じることがあります。

比較的、しびれまで感じるのは稀な部位ですが可能性はあります。

痺れ以外にこんな症状が出ていたら注意!

しびれだけでも十分症状としては重いのですが、
他にも気を付けてほしい症状がいくつかあります。

以下のような症状が出ている方はすぐにでもお近くの整骨院・整形外科などに行かれることをお勧めします!

感覚異常

感覚異常とは触られている感覚がない、暑いお風呂に入ってもしびれのあるところだけ何も感じないという状態です。

普段の診療でも患者様に痛みやしびれ以外の症状が出ていると私は重症と判断します。

その他

【筋肉が細くなる】
神経と筋肉のつながりが弱くなると、筋肉の活動量の低下やかばい動作が現れるので片方の足が細くなります。

【浮腫み】
血液の循環不良による浮腫みが足だけ、スネだけに現れます。(通常のむくみと違って一目で何かおかしいとわかります。)

対処法

次はご自身で出来る「しびれ」に対しての対処法です!足に痺れがある人は以下の3つを行ってください。

*基本的には医療機関(整骨院・整形外科など)に受診しながら行うことをお勧めします。

ストレッチ

基本的には腰と下半身のストレッチを徹底して行ってください!

筋肉の柔軟性が高いという事は背骨や神経への負担が少ないということになります。

入浴

お風呂は半身浴ではなく全身で浸かりましょう。

体全体を温めて筋肉の緊張を軽減します。

半身浴は全身発汗しますが、筋肉がほぐれて温まっているわけではありません。

運動

適度な運動は必ず必要になります。

その際に気を付けないといけないのが生活スタイルによってどの運動をするのかが変わります。

以下を参考にして下さい。

  1. デスクワークなど体を動かす習慣がない人はウォーキングや水泳など全身運動
  2. 体を過酷に使用する人は負担に耐えれる体にするための筋力トレーニング

福島区で整体、整骨院は「ふくしま駅前整骨院」

この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9885人
投稿数
513件