運動療法で腰痛を克服!!

腰痛の患者様には運動が必要です!

しかし、ただ運動すればいいのではありません。

ご自身の生活習慣や筋力に応じて正しく行わないと効果が出ないからです。

この記事では普段、私が腰痛の患者様に行っている運動指導の一例を書きまとめています。

参考になりますので是非、お読みください。

生活習慣によって必要な運動は異なる

あなたの生活習慣はどうでしょう?

お仕事をされている方でしたら、
デスクワークや肉体労働で全く異なります。

ご自宅にいることが多い方であれば家族の人数によっても家事や用事の数が多くなるでしょう。

大切なのは自分の生活に照らし合わせることです。以下をご覧ください。

デスクワークなど体を動かすことがほとんどない

デスクワークのように体を動かすことがほとんどない場合は、
全身をバランスよく使える有酸素運動を行ってください。

筋肉の収縮がほとんどない生活なので有酸素運動によって全身の循環を改善していきましょう!

例えるならば体を動かしながらストレッチするような感覚です。

【有酸素運動の例】

  • 手をよく振ったウォーキング
  • 軽く息が上がるジョギング
  • 水泳

飲食や現場作業など体を酷使する

飲食や現場作業など体を酷使する場合は、
これに耐えうる筋力が必要です。

この場合、筋力トレーニングを行いましょう!

野球選手も長いシーズンを乗り切るために筋力を維持・強化しようと夜の試合後にトレーニングを行っています。

私たち一般人もトレーニングの強度こそ違えど目的は同じです。

【トレーニングのコツ】

  • 体の中でも面積の大きい筋肉を優先的に鍛える
  • 胸・背中・脚の筋肉は体の中でもBIG3と呼ばれる筋肉
  • まずは、腕立て伏せ・背筋・スクワットをして基礎筋力を付けていきましょう!

運動ではなく、負担となっている事例

「運動をしましょう!」とお伝えすると、普段よく動いているから運動量は足りていると思われている方も多いようです

。実は運動ではなく、負担になって体へダメージが蓄積されている場合が大半です。

ひょっとしたらあなたも同じように体に負担をかけているかもしれません。

以下の事例をご覧ください。

通勤前後の徒歩

運動療法をお伝えした時に「通勤の前後に歩いている」と患者様からお伝えされる時がありますが、
この時の運動は体にとって運動ではなく負担となっております。

何故なら動きやすい服装ではなく、
荷物を持っているような状態は無理な体勢で筋肉を使っているので体にとっては負担です。

家事

家事も同じく、
中腰や屈むような動作など体に負担をかける体勢をとる必要があります。

これらも運動ではなく、
体への負担となっているのでオススメするのは筋力トレーニングです。

無理な体勢に耐えれる筋力をつけることで腰痛が緩和され易くなります。

現場作業などの重作業

現場作業などの重作業を行うにはかなり強い筋力が必要となります。

年齢と共に筋力は低下しやすくなるので作業をする上で耐えられる筋力がなければどんどん腰に負担が蓄積されて、
腰痛だけではなくヘルニアなど重篤な症状に変化していきます。

治療との併用がベストである

最終的には、
運動だけでは限界はあります。

自分でできることから取り組むのはとても大切なことですが、
自分でやることにこだわってしまうと早く改善する症状も長引きます。

治療と運動を併用することは相乗効果で腰痛の改善が出来ます。

以下は腰痛治療と運動療法を併用して改善した事例です。

筋肉の治療

筋肉の治療は腰痛では必須になります。

背骨から出てきた神経は腰の筋肉を貫通して下半身へと向かいます。

マッサージや指圧の治療、
鍼治療などを併用して行うと筋肉への負担が改善されます。

背骨の矯正

背骨の矯正をすることで、
背骨自体の歪みで起きている筋肉への負担や神経の圧迫を改善します。

筋肉の治療はどれだけ深い部分を治療しても体でいうと外側の治療です。

一番深部にあり、
体の土台である背骨を矯正して腰への負担を減らしましょう。

福島区で整体、整骨院は「ふくしま駅前整骨院」

整骨院名 ふくしま駅前整骨院
住  所 〒553-0003
大阪市福島区福島5-13-18
福島ビル203
電話番号 06-6147-3360
アクセス JR環状線 福島駅 徒歩1分
JR東西線 新福島駅 徒歩2分
阪神線 福島駅 徒歩2分
駐車場 近隣コインパーキング
診療時間 午前  9:00~12:00
午後 15:00~19:30
定休日 水曜日午後・日曜日・祝日
担当者 庄本泰崇
この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事