整骨院で起きる交通事故の施術事例①

先日のことですが、
当院のLINEに「事故に遭った」と患者様からご連絡がありました。

いきなりのことでビックリしたのですが、
それ以上に動揺されている患者様のことを考えると
まずは状況と症状の確認が必要と思いお話を聞きました。

そして、
この事例からも大きな教訓を得ましたのでどうぞご覧ください。

状況

原付バイクでカーブを曲がろうとして、
トラックにぶつかってしまったということでした。

その時、側面から倒れて手をついた時に肩関節を強く捻ていました。(その他、打撲多数)

その後の対応にご自身でも悔いておられたのです。

事故後の対応

運転手の男性が出てきた時はうまく状況が飲み込めずに

「大丈夫です!」

とついつい言ってしまうことはよくあります。

運転手には警察への連絡義務があり、
それを怠っただけでなく1万円を渡して

「あとで何か言うのはナシね」

と口止めまでしたとか。

この状況ではパニックになった女性が圧倒的に心理的不利です。

これを受け入れてしまったことに後悔してると患者様も言っておられました。(それくらい優しく、か弱い女性ということをご理解下さい)

時間差で出てくる症状と冷静さ

しかし、
この後が問題。

時間とともに現れる痛み(出血や可動域制限)、
冷静になるともっとしっかり対応出来たのでは?

と憤りを感じる悔しさ。

今回は命があったのでよし!

これを教訓にまずは事故に遭わないよう過ごすこと。

あってはいけませんが事故の時は今回の教訓を活かした対応をすることです。

事故後に必ず行うこと

これからお伝えすることは誰にでも当てはまることです。

事故に遭わないかもそれませんが必ずどういう対応をしないといけないか知っておいて下さい。

続きをどうぞ!

警察に連絡

まずは警察に連絡して、
正式に事故が起きたことを受理してもらいましょう!

本来は事故を起こした相手が自ら連絡するのが普通ですが、

相手も動揺している場合があるのでこちらも準備をして起きましょう!

病院で診断

病院に行って正式に診断書を発行してもらいましょう。

ここまで行うと、今のお体の状態が正式に判断されているのでどこで施術を受けるかになります。

実際にどこで施術を受けるか決める

受信した整形外科からは

「ウチでリハビリを受けなさい」

と言われることもあるかもしれませんがそれはあなたが判断して下さい。

決まったら相手の保険会社さんに連絡してどこで施術を受けるか伝えて下さい。

【整骨院と整形外科の施術の違い】

  • 整骨院はお体の状態に合わせて、手を使った施術をメインに行う。
  • 整形外科は牽引機など物療と湿布、自宅療養がメイン。

この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9885人
投稿数
513件