スマホの使い過ぎで腱鞘炎が起きる理由

近年、スマホの使いすぎで手首
腱鞘炎をおこしてしまう人が増えています。

この腱鞘炎はなぜ起こるのでしょうか?以下をご覧下さい。

腱鞘とは?

指を動かす時にと言われる組織が
骨と筋肉を繋げて指を曲げ伸ばしをしています。

この腱を取り囲んでいるのが腱鞘で、
ちょうど刀の鞘のように腱が滑るように移動することで、スムーズに指が動かせます。

どうして起こるの?

しかし、長時間のスマホ使用は指や手首に負担をかけ、
腱と腱鞘の滑りが悪くなり、擦れるようになります。

この擦れが原因で、痛みを引き起こします。

腱鞘炎になりやすい人

  • 手をよく使う作業
  • スマホ、パソコンを長時間使用する人
  • 妊娠、出産後の女性や更年期以降の女性

女性はホルモンバランスの影響を受けるため、腱鞘炎になりやすいです。

手に起こる腱鞘炎

では手に起こりやすい腱鞘炎を紹介します。以下をご覧下さい。

バネ指

腱鞘炎がひどくなるとバネ指になります。

腱が腫れてくると米粒のような腫れが出てきます。

この腫れが腱鞘に詰まるようにして、指に引っ掛かりが起きたり、
曲げ伸ばしができなくなります。

ドケルバン病

スマホを使う人に増えています。

親指を動かすと、
手首の腱と腱鞘が擦れて痛くなることを
ドケルバン病と言います。

そのため、スマホを親指で操作する人に急増しており、
現代病と言われています。

起きてしまったら?

手術で腱鞘をひろげる手術があります。

しかし手術をしても
、指や手首に負担をかけていれば再発してしまうこともあります。

日頃からのケアや使い方が重要です。以下をご覧下さい。

痛みが強い時は安静に

        

  1. 安静にして動かさない
  2. 痛みがあるところを冷やす
  3. 整形外科や整骨院で包帯を巻いてもらい、適度な圧迫をしてもらう。
  4. 周囲の筋肉をマッサージして緊張をとってもらう

仕事などで使わなければならない時は、
動きを補助するテーピングを巻いてもらうと動かしやすく、痛みも軽減します。

しかし治っているわけではなく、
さらに使い過ぎて悪化することもありますので注意
してください。

痛みが引いてから

痛みがマシになったからといって油断しないでください。

損傷された組織は硬く縮こまっています。

温めたり、手首のストレッチ、マッサージするなど血流を良くしましょう。

悪いところにしっかりと血流を送ることが重要です。

予防するには

腱鞘炎を防ぐためには使い過ぎに気を付けてください。

スマホを触る時は、
できるだけ親指での操作は避け、人差し指での操作に変えてください。

キーボードやマウスを触る時には手首に負担がかかります。

手首の下に丸めたタオルをかませるだけで負担が軽減がします。


この記事の筆者
中居 太朗(なかい たろう)
ふくしま駅前整骨院の施術者。
柔道整復師の国家資格を保有しており、多くの人を施術によって笑顔にする事を信念として日々の診療に従事しています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9899人
投稿数
513件