揉み返しと好転反応の違い

マッサージに行って、何度も同じところを強く揉んでもらい時間が経ってから痛くなったことはないでしょうか?

これを一般に揉み返しと言います。

実は全てが「揉み返し」ではないのです。

揉み返しと揉み返しでないものとの違いをこの記事ではお伝えします。

続きをどうぞ!

揉み返し

揉み返しとはマッサージ店など無資格施術によって起きることが多くなっています。

それは症状の悪いところほど強く、何度も揉めば良くなるという間違った認識から起きる現象です。

揉み返しの詳細について以下をお読みください。

同じところ何度も刺激して起きる

例えば、肩が凝った時にマッサージ店に行き「肩を中心に揉んでください」と頼みます。

すると何度も肩をマッサージしてくれるでしょう。

しかし、筋肉はデリケートな繊維の塊です。

同じところを何度も刺激されると血流が良くなるどころか緊張が強くなって痛みを感じるようになります。

筋肉が破壊されて起きる

生のお肉を想像してください。

何度も叩くと繊維がつぶれて平べったいお肉になります。

人間の体でも同じことが起きます。

何度もマッサージを繰り返すことで繊維がつぶれてしまい、痛みを感じます。

体はこの潰れた繊維を元に戻すためにエネルギーを使うので疲労感が強くなります。

好転反応

好転反応とは、施術後に起こる一時的な筋肉の症状です。

好転反応は筋肉の損傷で起きているのではなく、体が良くなっていく過程で起きていることです。

以下に詳しく述べているのでご覧ください!

血流の良さに筋肉がついてこれていない

施術を行った後は今までにないくらいお体の血流は良くなります。

それに合わせて筋肉の収縮(伸び縮み)も同じように大きくならなければいけません。

しかし、筋肉は長い間柔軟性を失っていたのでそれに上手く順応できないことがあります。

すると痛みや疲労感を感じてしまうことがあります。

これを「好転反応」といい、お体が良くなる前の前兆です。

これを超えた後、楽になる

これを超えた後は、筋肉の血流や収縮は良くなるので症状の改善につながります。

痛みや疲労感があるので多くの方はこれを揉み返しと思いますが、

似て非なるもので全く別物なのです。

揉み返しは自分でも防ぐことができる

実際、揉み返しは自分自身防ぐことができます。

本来は施術者が患者様の体を施術しながら巧みに調節するべきですが、近年ではそこまでレベルの高くない施術者も増えています。

ご自身でも少し工夫してみると事前に防ぐことができます。

しんどくても同じところを何度も揉んでもらわない

同じところを何度も揉んでもらうようなことはやめましょう!

ついつい、お体の状態が良くない時は何度も同じところを施術してほしいかもしれませんがこれは揉み返しの原因になります。

痛いのを我慢し過ぎない

施術を受けていて異常に痛いときには素直に痛いと伝えてください。

あなたのリアクションや反応をみて施術者は力加減を調整しています。

(もちろん、血流の悪いところはある程度は痛みを感じるものですが)

どれだけ硬く緊張した筋肉もデリケートなのは変わりありません。注意してくださいね!

この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9899人
投稿数
513件