必見!!ゴルフで起きる腰痛!!

あなたの腰痛がゴルフで起きたものなら、この記事はあなたの為にある様なものです!

当院でもゴルフで腰を痛めている患者様が多くいます。

なぜゴルフで腰を痛めるのでしょう?
その答えをお教えします。それではどうぞ!

筋肉のバランスが崩れて腰痛になる。

ゴルフでは筋肉のバランスが崩れて、
体が歪んで姿勢が悪くなることがあります。

なぜバランスが崩れやすいのか?理由をお教えしましょう!

非対称性

ゴルフは非対称性のスポーツです。

右打ちだと腰は前に移動しながら左に回転します。

その為、体の左右で負担に差が出て、左側の腰やお尻に負担がかかります。

負担がかかった部分は痛みを起こしたり、体の歪みの原因となります。

スイング以外の運動

ゴルフではスイング以外での運動がほぼありません。

歩くくらいですが、打った後すぐカートに乗る為、
偏った筋肉のつき方になってしまいます。

この点、同じスイングするスポーツである野球は守備や走塁などがあるので、
ゴルフほど、腰痛の割合は高くないのです。

スイングフォームは重要

悪いスイングフォームでは
スコアは伸びないだけでなく、腰にも負担をかけます。

どのようなフォームが腰に悪いのでしょうか?次をどうぞ!

あおり打ち(すくい打ち)

あおり打ちはダウンブロー(スイングの最初)の時に肩が下に下がり、(右打ちでは右肩)
左腰が上がって右の腰に体重が残ったままになってしまいます。

これはスイング時に腰の右側から左側へ体重移動が上手くできていないと起きてきます。

このようなスイングフォームでは右利きの人腰の左側に痛みが出やすいです。

手打ち

逆に右利きの人で右側の腰が痛くなる人は
いわゆる手打ちのスイングになってしまっていることが多いです

。インパクトを強くしようとして下半身の動きが悪くなり、
回転不足なスイングとなってしまい、腰の右側に負担をかけて痛みが出てしまいます。

対処法

それではゴルフで腰痛にならない人がやっているコツと方法をお教えしましょう!それではどうぞ!

プレー中に出来ること

偏った筋肉の使い方にならないように、利き手と逆でスイングをして下さい。

プレーの合間にスイングするだけでもバランスの崩れを防止できます。

また、逆のスイングをすることによって、
聞き手のスイングも理想のフォームに近づけやすいです。

またプレー前や後でストレッチなどのケアをしておくことを推奨します。

正しいフォーム

理想的なフォームを身につければ、
スコアが伸びるだけでなく、腰の負担も最小限となります。

あおり打ちや手打ちを避け、
理想的なフォームを目指してください。

またプレー中の姿勢や、アドレスの時の立ち位置にも気をつけましょう。

それでも痛いとき

どれだけ予防していても、腰を痛めることはあります。

特に最初の処置がその後の明暗を分ける為、
すぐに整形外科や整骨院にて受診、施術を受けてください。

生涯ゴルフをしたいとあなたが考えるなら、
このくらいと油断せず、体のプロに任せてください。

この記事の筆者
中居 太朗(なかい たろう)
ふくしま駅前整骨院の施術者。
柔道整復師の国家資格を保有しており、多くの人を施術によって笑顔にする事を信念として日々の診療に従事しています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9899人
投稿数
513件