実は外反母趾と膝の痛みには関係があった!

外反母趾と言えば足先の症状ですが実は膝の痛みと関係が深いことをご存知でしょうか?

重度の外反母趾患者の多くが膝の痛みも併発しています。

その理由をお教えしましょう!次をご覧ください!

外反母趾患者に膝痛が多い3つの理由

その理由は足の力をうまく使えていない為、

地面からの反発力が足で分散されず、膝への負担が増加してしまうからです。

順番に説明しますので次をご覧ください!

足の指が使えていない

使っていない筋肉は力が弱くなり、縮こまって硬くなります。

これらが足に起こるのは、
靴やヒールを履いて生活することで指を使わなくなってしまっているからです。

指の骨の間にある筋肉や指を伸ばす筋肉が縮こまってしまい、
指が地面につかない足になります。

これを浮指と言い、膝が痛くなる原因です。

アーチが崩れる

本来足には床からの反発力を分散するアーチがあるのですが、

足指の筋肉が落ちてしまうとこのアーチを支えれなくなり平べったい足になっていきます。

これを開帳足と言い、
このような足では地面からの反発力を分散することはできず、膝に痛みが出やすいです。

歩き方

実は歩き方には正しい荷重方法があります。

小指親指

の順番で地面に接地していくのが理想的です。

しかし外反母趾の方は踵と小指だけで歩こうとしてしまいます。

このような歩行は膝にとっても負担が掛かります。

足からくる膝痛の対策

では膝に負担をかけない足本来の機能を戻すにはどうすればよいのでしょうか?
次をご覧ください!

足の本来の機能を戻してあげる

衰えた足の機能を戻してあげましょう。その方法を三つご紹介いたします!

  • タオルギャザー(足指の力で地面のタオルを手繰り寄せる運動)
  • 足指じゃんけん(グーはすべての指を下に倒す、チョキは親指だけを上に向ける、パーはすべての指を横に開く)
  • 青竹踏み(青竹でなくても足の裏に刺激を与えればOKゴルフボールなどでも十分対応できます)

正しい歩き方を身につける

足の機能が戻ってきても油断しないでください!

最も難しいのは指を使って歩くことです。

しっかりと

①踵②小指③親指

の順番で地面に接地出来るように意識して、正しい歩き方を身につけましょう!

足の専門家に診てもらう

とはいっても自分だけで足の機能の回復、正しい歩き方を身につけるのは難しいです!

足の専門治療を行う整体院、整骨院に診てもらえばより効果も上がりやすくなるでしょう。

ふくしま駅前整骨院では足の専門施術を行っており、
沢山の患者様より喜びの声を頂いております。

足や膝でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

この記事の筆者
中居 太朗(なかい たろう)
ふくしま駅前整骨院の施術者。
柔道整復師の国家資格を保有しており、多くの人を施術によって笑顔にする事を信念として日々の診療に従事しています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9899人
投稿数
513件