腰痛の最終形態。

毎日、椎間板の症状でで苦しむ何十万という患者が疑問を抱き続けています。
なぜなら椎間板の症状が強く、あまりに知られていないことが多いからです。
自分が椎間板を痛めてしまったのかあまりわかっていません。
ひょっとしたらこの記事を読んでいるあなたもその一人かもしれません。
そのような疑問に答えるため椎間板のことを今からご説明します。

症状

理性的に分析すると椎間板の症状は普段の生活に関連していることが多くなっています。まずは症状を確認しましょう。

  1. 痛み
  2. 今までに感じたことのない痛みが腰・臀部に起こります。

  3. しびれ
  4. 足の裏やすねにじゃり道を歩いているような感覚のしびれが起こります。

  5. 生活
  6. スリッパがうまく履けずに脱げたり,前かがみになると痛みやしびれが強くなります。

椎間板を痛める2つの原因

椎間板を痛める原因は遺伝・加齢・栄養不良の3つが挙げられています。しかし、最も大切なのは環境です。腰にどれだけの負担が掛かっているかが最終的にはカギを握っています。ここからが重要で2つのパターンで腰に負担がかかり椎間板を痛めることになることが大半です。

  1. 大きな力が突然加わった
  2. 激しい咳やおう吐が起きた時など瞬間的に大きな力が体に加わったことがきっかけで痛めます。ぎっくり腰になった時は「ブチッ」と何かが裂けるような感覚を感じることがありますが、これは椎間板内の繊維が断裂した時とされています。

  3. 小さな力が長年加わっていた
  4. 肉体労働や全身を振動するような環境に数年以上いる場合、腰椎に小さな力が加わり続けて椎間板の繊維が弱くなり、椎間板を痛め易くなります。現場仕事の方に多いのはこのためです。

痛みを悪化させる危険な動作

あなたが普段とっている姿勢が椎間板と大きく関係しています。その姿勢次第では椎間板を悪化させてしまいます。
今から挙げる2つの姿勢はとらないようにしましょう。
続きをご覧ください。

  1. 前かがみ
  2. 前かがみの体勢をとった時、椎間板の繊維が薄く延ばされます。この時に椎間板を痛め易くなります。
    すでに痛めている場合、症状が悪化して神経を圧迫します。
    するとさらに痛みや痺れが現れます。

  3. 捻じる
  4. 腰を捻じるような体勢は腰にとても負担をかけます。元々、腰は捻じる動作はあまり得意ではなく首や背中と比べても可動域が小さいです。腰を捻じった時、椎間板の繊維は最も抵抗力が低くなるという特性があるので体は腰を守るため捻じりにくいようにできています。

痛みで悩まれている方へ

もし、あなたやあなたの周りの方が椎間板の症状で悩まれていたらこれはあなたのためにお話するようなものです。
注意事項をこれからご覧ください。

痛みを抑える

痛みは圧迫された神経の周りで起きた炎症が原因です。まずはこの炎症の度合いによって処置が変わってきます。

  1. 急激に痛みが現れて動けない
  2. この状態は激しい炎症を起こしているので患部を冷やして炎症を抑えて下さい。

  3. 日常生活は可能だが、鈍い痛みが残っている
  4. この状態では激しい炎症は起こっていないので患部を温めて血行を促進してください。

姿勢

背筋を伸ばした綺麗な姿勢を心掛けましょう。
痛くてつい前かがみになってしまうかもしれませんが、この姿勢は症状を悪化させる姿勢です。
綺麗な姿勢が背骨には一番いい環境ということを覚えておいてください。

  1. 腰に良い姿勢
  2. ◦あごを引く:首の歪みを予防
    ◦胸を張る:背中の歪みを予防
    ◦お腹を少し引っ込める:腹圧を高めて腰の歪みを予防
    ◦歩く時はつま先が少し外に向ける:股関節の歪みを予防
    sisei2-min

  3. 腰に悪い姿勢
  4. ◦前かがみ:痛みを悪化させる姿勢です。
    ◦反り腰:腰の関節に負担が掛かるので別の腰痛を引き起こします。
    ◦捻じれ:関節・神経・筋肉すべてに負担を与えます。
    sisei1-min

自己流マッサージはNG

家族の方やご自身でマッサージをしたりすることはやめておきましょう。
どの程度の刺激が良いか判断のつかない方がマッサージをすると体にとって負担にしかなりません。

  1. 自分で揉む
  2. 満足できず、ずっと揉み続けて刺激が過剰になり筋肉の活動が低下してしまいます。

  3. 家族や恋人に揉んでもらう
  4. 一般の方がマッサージを安易に行うと触ってはいけないところや圧力の強さがわからず筋肉や骨を痛めてしまう可能性があります。

福島区で整体、整骨院は「ふくしま駅前整骨院」

この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9885人
投稿数
513件