知っておいて欲しい!5種類の外反母趾

あなたの外反母趾を治すのは難しい問題です。なぜなら5つも種類がある外反母趾の中から見極めて施術しないといけないからです。この言葉を聞いて私があなたの不安感をあおろうとしていると予想したならそれは間違いです。今から5種類の外反母趾の違いをお教えいたします。続きをご覧ください。

5つの外反母趾

4e65396738314b2087e7502722d7748b_s
私はかつて外反母趾は1種類しかない単純なものだと思っていました。しかし、すぐに間違いだと気づくことになりました。なぜなら今、確認しているだけで外反母趾は5種類もあります。それぞれに特徴があり適切に判断しないといけません。

足の靱帯が緩む

現代人特有の生活習慣から起こる外反母趾です。親指が外側を向く角度が強いのが特徴です。
以下のことが原因で足の靱帯が緩み、外反母趾を引き起こしています。

◦靴下

◦平坦な道ばかりを歩いて育った

◦足裏の筋力低下

親指の付け根に骨が生える

不自然な歩行が原因で足に衝撃が加わり、体の防御反応として親指に骨が余分に生えてきます。(仮骨形成)
親指の角度は真っすぐですが、付け根の骨だけが以上に出っ張っており曲がっているように見えます。

◦指上げ歩き(靴が脱げないように指先を上げて歩く)

◦指の付け根・かかとの2点歩行(通常は指・指の付け根・かかとの3点歩行)

混合性外反母趾

靱帯が緩むだけでなく衝撃で余分な骨も親指の付け根に生えてきます。
また、親指の付け根で炎症を起こし水が溜まるような状態も起こります。

浮指型

この浮指型は生まれつき足先が細かったり、足指が上を向いたりして足先が縮こまっています。
浮指をを起こし、Z字に指が変形しているのが特徴です。足指の付け根は幅が広く、皮膚も分厚くなっています。

病気が原因

リウマチなど関節を痛める病気が原因で起こります。脱臼したまま関節が固まっているので手術でも施術が困難であり、再発率が高い外反母趾です。

全体的な特徴

70420083b86ed95701cddbd7d35d94fa_s
外反母趾は原因も特徴も掴むのが難しいように思ったかもしれませんが、実は5つの外反母趾に共通する簡単な特徴もあります。外反母趾を治すにはまずこれらをクリアすることが必要となります。複雑なようでシンプルな外反母趾の特徴は続きをご覧ください。

足指が使えていない

足に不調を抱えている方の多くに共通しているのが足指を使えていないことです。
人間は足指・指の付け根・かかとの3点で体重を支えています。この3点が崩れると体を支えている全てのバランスが崩れていきます。

土踏まずが崩れている

土踏まずは踏み込んだ時の衝撃を分散して足を保護します。
しかし、外反母趾の方は土踏まずが無くなり「偏平足」となっているため衝撃が足に残り負担が蓄積されます。
そのため足の疲労を感じ易いので立ちっぱなしの状態では必要以上に疲労を感じます。

衝撃を分散できずに他の関節にも負担が掛かっている

土踏まずが無くなり偏平足になると足だけではなく、膝や腰などの関節にも負担がかかります。
膝痛や腰痛を抱えている方の多くは足に何かしら問題を抱えていることが多いです。

施術の必要性

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s
外反母趾を分析するほど施術の必要性を感じます。なぜなら、あなたの足に起きた痛みは長い時間をかけておきた痛みでありそれは放っておいても良くはならないからです。施術がなぜ必要なのかここからがポイントです。

一度歪んでしまった関節は簡単には戻らない

一度、歪んでしまった足は筋肉が縮こまり変形した状態で固まっています。
外反母趾グッズや体操だけで治そうとするのではなく、専門的な知識を持った整体師の施術を受けることをお勧めします。

放っておくと重症化

大半の方が痛みのないうちは何もしませんが、外反母趾は放っておくと重症化します。
初期段階から施術を行うと経過は良好です。変形が強くなると靴も履けず立つのも辛い状態になります。
そんな状態になる前に早めに施術してください。

再発しないために

外反母趾は非常に再発率が高く、特に手術で骨を切っても根本的に外反母趾になった生活習慣や足の歪みを解決しないと時間が経てば再発します。施術をするなら「根本的な施術」を行いましょう!

まとめ

  1. 5種類の外反母趾
  2. ◦足の靱帯が緩む:生活習慣
    ◦親指の付け根に骨が生える:体の防御反応
    ◦混合性外反母趾:靱帯+骨が生える
    ◦浮指型:生まれつきの要素が大きい
    ◦病気が原因:リウマチなど

  3. 全体的な特徴
  4. ◦足指が使えていない
    ◦土踏まずが崩れている
    ◦衝撃を分散できずに他の関節にも負担が掛かっている

  5. 施術の必要性
  6. ◦一度歪んでしまった関節は簡単には戻らない
    ◦放っておくと重症化する
    ◦再発しないためには根本施術が必要

福島区で整体、整骨院は「ふくしま駅前整骨院」

この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9899人
投稿数
513件