自宅で行う外反母趾ケア

自宅で出来る外反母趾の体操をご紹介します!1つ1つの体操に意味があり、刺激を送る筋肉も異なります。外反母趾のせいで痛みが強く、靴を履くことが苦痛になっている方は是非参考にして下さい!

ホーマン体操

最もよく行うわれる外反母趾の運動療法です。チューブを使って曲がった親指を矯正します。
地味ですが1番メジャーな方法です。
目的:親指の関節を柔らかくする

a
①かかとを合わせてゆっくりと開きます。
②親指が引っ張られた状態で10秒キープ。
③ゆっくりもどして再び行う

タオルギャザー

ホーマン体操と同じく最もよく行われる外反母趾の運動療法です。
目的:足指の筋肉を強化

b

①足指を伸ばした状態で指を曲げてタオルを手前に引っ張ります。
②この時に足指の第3関節をしっかり曲げることを意識してください。

足首捻り

足首を捻ることで足の関節が動くので固まった関節が柔らかくなります。
目的:足の甲にある関節を柔らかくする

足1
①足首を内側に強く捻ります。

足2
②足首を外側に強く捻ります。

足指じゃんけん

足指じゃんけんは普段あまり動かすことの少ない足指を大きく動かすので筋肉や関節に刺激を与えので外反母趾の緩和になります。
目的:足の指を柔らかくする

①グー:足指を強くまげる。
足4

②チョキ:親指を曲げて、他の指は上に反り返す。
足5

③パー:指の間を限界まで開く。
足6

つま先立ち

つま先で立つことで硬くなった足の甲が伸ばされて親指が曲げやすくなります。外反母趾は親指が曲がらないのも関係しているので効果的です。
目的:足の甲の筋肉を柔らかくする

足3
*痛くて出来に人は壁に手をついて行うと負荷を調節できます。

まとめ

  • ホーマン体操
  • バンドやチューブを使って親指を開く体操
    目的:親指の関節を柔らかくする

  • タオルギャザー
  • 足の指でタオルを手前に手繰り寄せる体操
    目的:足指の筋肉を強化

  • 足首捻り
  • 足首を内と外に開く体操
    目的:足の甲にある関節を柔らかくする

  • 足指じゃんけん
  • 足の指を使ってグーチョキパーと動かす体操
    目的:足の指を柔らかくする

  • つま先立ち
  • つま先を曲げて立つ体操
    目的:足の甲の筋肉を柔らかくする

福島区で整体、整骨院は「ふくしま駅前整骨院」

この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9885人
投稿数
513件