腰痛は冷やして治す?温めて治す?

もしかしたら腰痛は温めた方がいいとあなたは考えているかもしれませんが、場合によっては悪化させてしまうという事実があります。大事なのは急性と慢性で処置が変わるということです。続きをご覧ください。

腰痛の時に冷やす

腰痛は冷えから起きていると考えられています。それは半分は正解で、半分はハズレです。腰痛には2種類あり、ぎっくり腰のような炎症によるものと神経痛のような筋肉の緊張が原因のものです。どちらの腰痛だと冷やせばいいのか?ご説明します。

冷やすメリット

冷やすことのメリットは炎症の抑えることです。痛みの原因は炎症による発痛物質が原因であり、冷やすことで炎症が鎮静して痛みがおさまります。

冷やすデメリット

冷やすことのデメリットは血流が鈍くなり、筋肉の緊張が起きます。痛みがひいた後は筋肉の緊張を取らないと血流不足が続いてしまいます。

ギックリ腰など急性の腰痛

ギックリ腰は瞬間的に負担が加わり激しい痛みを感じる腰痛です。この時は炎症を起こしているので患部を冷やして安静にして下さい。この時に温めると血流が良くなり、炎症が強くなります。さらに痛みが悪化するので必ず冷やして下さい。

腰痛の時に温める

「腰が痛いので今日は湯船にゆっくり浸かって温めよう」と考えた事が1度はありませんか?あなたの考えは正解です。これ以上ない適切な行動です。ある1つの事を除けばですが。ここからが重要なポイントになりますので見逃さないでください。

温めるメリット

温めることのメリットは筋肉の緊張を抑えることです。血流不足や神経の圧迫による痛みは筋肉の緊張が原因です。温めることで血流が改善し、緊張してこわばった筋肉が元の柔らかい筋肉に戻ります。

温めるデメリット

温めることのデメリットは炎症が起きた場合、炎症を悪化させてしまいます。炎症がある時はまず冷やして痛みを抑えてから温めましょう。

慢性の腰痛

慢性の腰痛は小さな負担が日々加わり続けて、筋肉が緊張して血流不足や神経の圧迫が起きています。慢性の腰痛は温めて腰の血流を良くします。こうすることで筋肉が柔らかくなり神経の圧迫も改善されます。

2つの比較

腰痛の種類 メリット デメリット
冷やす ギックリ腰 炎症を抑える 筋肉の緊張が起きる
温める 慢性の腰痛 筋肉の緊張を改善 炎症の悪化

結論

腰痛は痛みが強くて辛い症状です。腰痛を治すためにあなたはご自身の腰痛がギックリ腰か慢性腰痛かを判断しないといけません。間違った処置を行うと悪化させてしまうので正しい判断をするためにもお近くの施術院で相談することをお勧めします。

福島区で整体、整骨院は「ふくしま駅前整骨院」

この記事の筆者
庄本 泰崇(しょうもと やすたか)
福島区の整骨院、「ふくしま駅前整骨院」の施術者。
柔道整復師と鍼灸師の資格を持ち、信念を持って施術を行っています。

自宅で
症状別ストレッチ全集

症状別ストレッチ全集

この資料には症状別に効果のあるストレッチを紹介しています。

次の治療までの合間によく質問がありました。
患者様からLINEで「○○な時、どういうストレッチをすれば効果がありますか?」と。

それらの内容が大変、好評だったので
今回の資料はそれらをわかりやすく症状別にまとめたものです。
是非、日常ケアの参考にして下さい!

LINEから「症状別ストレッチ全集」をダウンロードできます。

症状別ストレッチ全集をダウンロード

関連記事

施術風景をInstagramで公開中!

Instagram:大阪の整体師 庄本
フォロワー
9899人
投稿数
513件